FC2ブログ

RING YOUR HEART

チャッキチャキの地球生まれ!地球育ち!地球の子供達に明るい未来を!と願う 幕末好き 自由気ままな旅人「えーごのせんせー」の徒然-journal♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちワッショイ!

ワッショイ!っつっても、全然お祭り気分じゃないんですけどねー。(笑)
だって八月も、もうすぐおしまいですよー。

今年の日本の夏は、中盤からの参戦だったので、
「えぇ~!?もうおしまいなのー???」な、気分でかなり、寂しいです。
夏らしいこと、未だひとつもせずに、八月の終わりを迎えようとしています。

海!が、そこにあるのに、私ってば、なんで草と格闘してるんだー?(笑)
毎週末、千葉で草と戦う度に、この言葉が頭の中でぐるぐるし・・・

けどね、言わずもがな、だけど、
遊ぶ時は、真剣に遊び、
働く時は、真剣に仕事に徹する、
が、私なので、
今はとにかく、ひたすら仕事に徹する夏、でいいんだ、って割り切った。

次に思いっきり遊ぶ時のために、今は力を蓄えておかないといけない。
だから千葉jobだけは、無心になってじーーーーーっと、仕事に専念するのみ!

草刈りばかりではなく、本職の英語の先生だってね、
たまには真面目に先生しなくちゃいけないのです。(笑)
遊んでばっかじゃ、先生なのに先生じゃなくなっちゃいますからね。

幸運なことに、帰国してからすごくいいアイディアが次々に湧いてきて、
生徒達と楽しくレッスンしております。レッスンごとに、かなり汗だくですが!

そうそう。
いつも生徒達にも言ってるけけど、
頑張ったあとには、必ず、イイコトが待ってるからね。
沢山頑張れば、イイコトも沢山!!!でしょー?(笑)
先生が言うから間違いないぞー!
みんなー!夏休みの宿題、頑張れー!!!



さてさてー、話変わりますよ。



夏の終わりが近づくとともに、
一足お先に、「○○の秋」というのもに思考が及んでおります。

芸術鑑賞、落語、ライブ、舞台鑑賞、などなど・・・
読書にいたっては、年がら年中夢中なので(年中夢中、って言葉、いいねぇ!笑)
そうだね、やっぱり好きな小説は相変わらず幕末関係ばかりですが、
11月末の「京都旅」までは、幕末モードをキープするつもりなので、
読書は、このまま続行です。


で、ですね。


昨日はまず、○○の秋第一弾、舞台鑑賞してきましたよー。


ある日、その京都旅の情報収集をしていたら、
新選組関係から、「山本耕史」という名前が出てきてですね、
そうですっ!我らが「土方の歳しゃん」ですねー。

「おっ、舞台やるんだー。」ってことを知り、
しかも、うちからチャリで30分位の三軒茶屋にある、
世田谷パブリック・シアターというところでの公演、ってことで、
たまには舞台鑑賞もいいかもなぁ・・・と思い、颯爽とチャリで行って来ました。

タイトルは、「ドリアン・グレイの肖像

ドリアン・グレイ


オスカー・ワイルド唯一の長編小説を舞台化、ってことだったのですが、
今まで「戯曲」ってものにあまり縁のなかった私なので、
観る前までは、「ダイジョブかな・・・最後まで観れるかな・・・。」って心配してたけど、
実際観始めてしまうと、どんどんその世界の中に引き込まれてく自分がいました。

正直、自分がここまでお話の中に入り込んでしまった、ってことにビックリで、
ビックリなんだけど、そんな自分がいたんだ!ってことを感じられて新鮮でした。

すごくこう、「今」の私のココロの中に、すーーっと染み入ってくるお話で、
内容は、うん、決して明るいものではなかったのですが、
なんて言うんだろうな、
無意識の場所で、いつも自分が考えていたこと、に近い何かを、
実際に形にして見せてもらうことが出来た、っていう感じ、かなぁ。

結局、人は、人と繋がって生きていくことってことが、ごくごく当たり前のことで、
そしてその当たり前の環境の中で、
繋がっているからこそ生きている喜びを感じられる、ってわけで。

切り口変えて言うならば、
うーん、前にもきっと同じこと語ったかな?
その人の「人格」ってのは、
その人が今までに出逢ってきた全ての人たちによって形成されるっつう、
良くも悪くも、の両面でね。

だからこそ、そんな中でも、「自分を持つ」「自分らしさを保つ」ってことがすごく大切で。


ここのブログによく書き込みをしてくれるnaoさんという方がいてですね、
北海道に住んでらっしゃる彼女とはまだ一度も会ったことがないのですが、
それでも私は、彼女のコメントから、いつも何かしらの影響というか、
彼女からの想いというものを感じて、いろんなことを考えます。

今日もね、ドリアン・グレイの肖像を観終えた直後だったからかもしれないけど、
こんなこと、感じたよ。

30歳になっても、未だにまったく落ち着きのない私が、
そんな私がね、いまも「私」でいられる理由、そんなこと、考えてみた。

「旅することを、やめられないんだなぁー。」

ってこと。

まだまだこの世界には、見たい、行きたい、知りたい、って思うことや場所が山ほどあって、
この気持ちが収まる日なんて、来るのか来ないのか、
そんなこと、今の私には全く分からないけど、
きっと、これで満足、だなんて思える日は来ないような気がするけど、
それでもいい、って高を括っちゃってる自分がいたりしてね、
うん、旅に出るためだけに働いて、お金稼いで、
貯まったらまた旅に出て、そして、帰ってきたらまた、次の旅のために働いて・・・

そうする事が、自分が自分でいられるために必要なんじゃないかな?って気がして。

旅を通じて得るものが、その時の自分にとって、ものすごーーくデッカイんだよね、きっと。
東京だけで生活してたら、絶対に知ることが出来ない事いっぱいあるし。
知らないままで歳をとるなんてこと、私には、出来ないや。

本当にありがたいことであって、生徒や生徒の親御さんからの理解をいただけてるから、
ああしていつも旅へ出られている、ってことも、幸せに感じずにはいられないことです。

人は人に影響を与えたり、影響をされたり、で自分の人格を形成させていく生き物です。
人と繋がってたいという気持ちが、
その人を強くさせ、そして大きくさせるものなんだろうな、ってことも感じます。

ドリアンだって、そんなこと分かってたんだと思いますよ。
でも、影響されすぎてしまった結果、
自分じゃない自分が、本当の自分を乗っ取ってしまった、
ただそれだけことだったのかもしれません。


○○の秋第一弾、しょっぱなから、
自分にとってこんなにも収穫が大きいものに出会えるとは思ってもいませんでしたが、
良いものを観れて良かったです。

そして、こーいうことを考える機会を与えてくれたドリアンと、naoさんに、感謝です。
ありがとう。

ねー、芸術作品って、その人によって感じ方ってホント違うと思うけど、
良かったよー、いい作品に出会えました。
自分のココロに響く何かを得られた時って、言葉で言い表すのはちょっと難しいけど、
なんか、気持ちがいいです。

今回は、こんなことを感じた秋、なのでした。

iPhone 1338

しかしホント、30になった途端に、
いろんな物事を、今までとは違った切り口から見てしまう癖がついたような気がします。
これが、イイコトなのか、それともワルイコトなのか、まだ分からないけど、
そういう癖がついたことで、
もっともっと、人に対していつも優しい気持ちでいられるような、
そんな女性に、そしてそんな大人に、なれたらいいなぁ、って思います。

上の写真は、カタジュタにある「風の谷」の一部分です。
まさしく、ナウシカの世界そのものでした。ラウンドウォーク、きつかったぁ~

iPhone 1431

iPhone 989

iPhone 1094

iPhone 1028

先月、砂漠にいた時にも、よくこーいうこと、考えたなぁー。

雨が滅多に降らない厳しい環境の中でも、たくましく花をつける植物があるように、
自分もね、彼らを見習って、いつまでも自分らしい花を咲かせ続けたいもんです。

あ、ちなみに、最後の写真、砂漠旅の写真の中で特に気に入ってる一枚でね、
iPhoneの待ち受けにしてあります。たくましい、でしょー?(笑)

ではではー。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Mika Sakai

Author:Mika Sakai
地球生まれ 地球育ち
生まれ変わっても また
地球人で生まれたいっ!

未来の子供達に
元気な地球を残してあげたい!
地味に でも必死に
自分に出来ることを続けてる
「えーごのせんせー」のブログ★

1979年6月2日 30歳
東京都渋谷区生まれ
小5から千葉育ち
現在 世田谷区在住
特技 逆さ字を書くこと

家庭教師スタイルの
マンツーマン英会話講師として
幼稚園から中学生までを
対象とした「せんせー」活動を
'05~'08まで3年間経験

成長してく生徒達を見ていたら
「自分ももっと勉強しなくては!」
と感じ 29歳で再留学決意

シドニーにて3ヶ月ホームステイ
心から「家族」と呼べる
素晴らしいファミリーとの出会い

現地の小学校で折り紙を使った
日本文化の指導も行いました

J-SHINE
(小学校英語指導者資格)
'08 11月に取得 一旦帰国

「先生、早く戻ってきて~!」
という生徒の声に負け
日本での仕事再開を決心

子供達への英語指導を通じて
地球の未来を明るく そして
希望に溢れた世界を作れたら・・・
こう願いながら 教えています

さて そんな私は・・・

三度の飯より「旅」が好き

地球のでっかさや偉大さを
肌で感じられる場所へ行き
地球人として生まれたことに
喜びを感じられたとき
人に優しくなれる気持ちを
得られるような気がします

旅を通じての沢山の出会いが
次の旅へと繋がる原動力に

国内だと 幕末史跡巡りに夢中

“坂本龍馬”に出逢ってからは
時代小説ばかり読むようになり 
日本の歴史にドブドブのめり込む

全ての幕末志士達を
ココロから尊敬しています

「この世に生を得るは
      事を為すためにあり」

この龍馬の言葉が
これからの自分が進むべき道を
明るく 力強く どこまでも
照らして出してくれる気がします

「人に歴史あり」

決して大きくなくていい
自分が生きてきた足跡を
ガシッとこの世界に残したい!!

いつも どんな時も 何に対しても
「感謝するココロ」を忘れずに

そして 海が好き
名前にも入ってる「夏」が好き
地球に生まれてよかったぁ・・・と
海にいる時 必ず感じます

また生まれ変わっても
やっぱり地球人がいいなぁ
海は 偉大です

2009年4月で 
いよいよ4年目に突入 

みなさんの力があったから
ここまで続けることが出来ました

ありがとう
本当に ありがとうございます
これからも もっともっと
みんなのハートを
高らかに鳴らし続けますよ~!

★☆メッセージはこちらまで☆★
     
beautiful06summer02
         @hotmail.com

全ての記事を表示する

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。