RING YOUR HEART

チャッキチャキの地球生まれ!地球育ち!地球の子供達に明るい未来を!と願う 幕末好き 自由気ままな旅人「えーごのせんせー」の徒然-journal♪

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて、天寧寺に続いては、飯盛山へ。
折角買ったハイカラさんのチケットなんだけど、
なかなかいいタイミングでバスがやってこない。
じーっとバスを待つ時間がもったいない気がして、歩いて移動!

近藤さんのお墓のあるお寺から、てくてく~っと飯盛山方面に歩いていると、
なんとも味のあるお蕎麦屋さんを発見!
大変おいしい昼ごはんをいただけました。

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 023

桐谷 夢見亭さん。
こんな素敵な古民家でいただけるお蕎麦だなんて、おいしいに決まってる!

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 021

その名も、頑固蕎麦。
この時期にしか食べられない、新蕎麦の実の薄皮まで一緒に挽いた、
ほんのり緑色に輝く麺、なのです!

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 022

会津の郷土料理、こづゆ。
貝柱のだしを使った、野菜たっぷり、体にもやさしい味のおつゆ。

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 025

本家 長門屋駄菓子の歴史が学べるという、会津駄菓子資料館にも立ち寄り、
江戸時代からのお菓子製造道具や、おもちゃなどの展示が見られます。
うしろに紙芝居を積んだ、すごい年期の入った自転車に興味がわきました。

そして、飯盛山到着。

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 026

ここでの写真もこれだけです。

さて、まずは白虎隊記念館へ。

ここでは、本当に沢山の貴重な資料を見させていただきました。
近藤さんの鉢がねや、島田魁の袖章。
それから、白虎隊士たちが実際に命を絶つ際に使った短刀など。

そしてこれにはかなり驚いたんだけど、
西軍(新政府軍)の資料も、沢山展示されていました。
時代の流れを感じます。

そしてそこからてくてくっと歩いて、山を登ります。
若い白虎隊19名もの命が失われた自刃の地へ到着。
ここには沢山の観光客がいらっしゃったので、そのまま少しだけ戻り、
彼らの墓石へお線香を供えて、手を合わせてきました。

時計を見ると、16時。
少しずつ日が傾き始め、やわらかい西日が照らす飯盛山。

若い少年隊士、白虎隊士中二番隊の隊士が自刃した日、
その日、その地はものすごい大雨だったそうです。
心も体も疲れ果て、やっとの思いで辿り着いた我らが鶴ヶ城を一望できる場所、飯盛山。

「城が、城が燃えてる!」

敵の西軍に城をとられ炎上している、と勘違いした隊士たちは、ここで、
自らの命を絶ったのです。
16歳、17歳の若い少年隊士たち。
国を想って絶った命。冷たい雨の中、どんな想いで亡くなっていかれたのか。

時代は代わっても、私たちは、「武士」という道を、
最後まで生き抜いたこの少年たちを、いつまでも忘れてはいけませんね。



そして、夕陽を眺めながら、やはり徒歩で(結局ハイカラさんチケットで元は取れず・・・笑)
一路、会津若松駅へ。

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 028

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 027

車を止めさせてもらってる宿まで帰る途中、
なんとも歴史の深そうな味噌屋を発見!!
満田屋(みつたや)さんで、黒ゴマ油をお土産用に購入。
絶対おいしいに決まってる!!

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 032

日がすっかり暮れて、気温もどんどん下がる会津の夜。
おなかも減ってきたので、ネットでかき集めた資料から、
晩御飯を食べる場所を探す。
「ん~、何々?会津はソースカツ丼が有名なのか?」

ってことでソースかつ丼に決定!(早っ)
東山温泉にある、卯之家さんへ。

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 033

注文したのは、ヒレソースかつ丼。
何やら蓋が浮いてますけど・・・

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 036

大好きなキャベツが、カツの下にたーっぷり!!!
量が半端なくスゴかったけど、ペロッといただきました!

そして店を出て、暗闇を歩いていたら、こんな場所を見つけたよ。

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 039

あぁ~ら♪こんなところに歳さん!
というか、この場所は、宇都宮の攻防で足を怪我した歳さんが、
傷の療養のためによく訪れていたといわれている温泉が、ここ東山温泉なのです。

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 038

下を流れる川の音を聞きながら、そして歳さんを見つめながらの足湯・・・

よっし!温泉入って帰ろーっと♪
東京までの長い道のりを考えると、旅の疲れをここで取っておかないといかん!
(疲れてなんて無いけど!リフレッシュ旅な訳だから。)
ってことで早速リサーチ!そして発見、御宿東鳳!!
日帰り温泉1,500円って書かれてたけど、平日だったので1,000円で入浴出来ちゃいました!
ラッキー♪
しかも、タオル(大小一枚ずつ)も無料貸し出し!

onyado-toho.jpg

_sora_001_600x400.jpg

この絶景ー!!!!たまるかー!!!

寝湯で温まりつつ、オリオン座流星群を探してたら、
体が芯までポカポカ、いい気分~♪
今度ここ、家族も連れてこよーっと!
ホテルの方もみんな親切でとても良くしてくれました。
日帰り温泉、これだけの絶景で、しかもタオル貸出無料!
んで、平日1,000円は安ーい!!!


ってことで、次の日のレッスンは朝が早かったので、
今回の会津旅はこの辺でおしまい。てか、十二分に満喫できたー!
時間配分も我ながらピッタシ!!!

帰りの運転は、眠すぎて2回休憩をとったけど、家に着いたのは深夜1時。
ソッコー寝て、土曜日のレッスンへ張り切って行ったのでした!

もう少し。そうだなぁ、今週末から来週末あたりが紅葉の見ごろかな?
会津いいとこ、みなさんも是非に!!!


会津旅、「近藤さんを訪ねてレポ」終わり~!
あぁー。いい旅だったー!!!


スポンサーサイト
続いて、今回のこの旅のメインイベント。
新撰組局長、近藤勇のお墓参り。

「11月の京都旅の前に、絶対に近藤さんに会いに行くんだ!」
ずっとずーっと、行けるチャンスを探してた。
で、やっと念願が叶ったぁ~!

近藤さんが眠る、天寧寺

平日だったからか分からないけど、私が行った時はそこに誰もいなくてすごく静かで、
でも、決して暗い場所ではなく、太陽がいーっぱい当たる明るい雰囲気のお寺さんで、
「療養中だった歳さんも、毎日のようにこの道をゆっくりゆっくり歩いて、
             近藤さんに会いに行ってたんだなぁ・・・
                            何を想いながら登ってたんだろう。」
とか、いろんな想いを感じながら、私もその道を一歩一歩踏みしめながら、
決して歩きやすいとは言えない山の砂利道を、ゆっくり登って行きました。

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 020

私は、竜馬のお墓参りの時もそうなんだけど、
どんなに有名な方が眠るお墓であったとしても、
その「お墓」の写真を撮ったことは一度もないと思います。

というか、自分が一体何のためにそこへ来ているのか、っていうことを考えると、
「写真を撮るため」では決してないので、私はお墓参りでは写真は絶対撮りません。

それよりも、ゆっくり語らいたい、のが本音。

近藤さんのお墓の前で、家から持って来たお線香を10本焚いて、
(試衛館メンバー8人、近藤さん、歳さん、総司に、山南さん、
平助と、永倉新八、左ノ助に、源さん。そして、よーこと私の10人分!笑)
時間にしてどのくらいいたんだろう・・・思い出せないけど、
ゆっくりたーくさん、近藤さんと、歳さんと、三人で話が出来たよ。

「また来るからね。」

ぽかぽかと日が沢山当たる温かい坂道を、
登りよりも、たっぷり時間をかけながら下り、また来ることを誓って、天寧寺を後にしました。

「来てよかった。」

来月、よーこと京都行くんだ~♪
なーんて、近藤さんと歳さんに自慢とかしてみたりした。(笑)

あぁー、これで心置きなく京都行ける。

壬生寺、八木邸、西本願寺・・・
その他にも、新撰組にまつわる寺々まわる予定。
紅葉で賑わう時期に、ドンピシャで行くことになったけど、
それも計算して、平日を狙って行くことにしました。

すでに意識は京都へと。
11月は、どんな旅になるのかなぁ・・・



まだまだ続いちゃうよ~♪
んが、今夜はモーレツに眠いのでもう寝ます!
時計はまだ22時ですが、寝まっす!

続きはまた明日。
行ってきました、会津若松ぅ~!!!

22日の深夜出発で、日付変わって23日、2:00amに到着。
東北道、3時間半のドライブ!
眠くならないようにするために、大音量で歌を歌いながら運転。
気持ちよかったぁ~。(笑)

思い付き旅は得意中の得意なんですが、今回は相当早かった!
道確認、高速料金調べ、宿予約、現地での行動スケジュールを立てて、
次の日のレッスンに支障がでないようにするためには、どう行動すべきか・・・

全てを考慮して出た結果が、
「行けるっっっ!」

ここまで2時間なかったな。(笑)

眠い時間帯についたはずが、興奮しすぎて目がチョー冴えちゃって、
夜はライトアップされてる、って聞いてた「会津城」まで、
宿に入る前に見に行ってみたら、深夜すぎてライト消されてたし!

やむなく・・・おとなしいく宿に入って、
ガイドブックで調べ物したりして床に就いたのが4時!(笑)

で、7時起床!

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 005

朝のバイキングに行く前に、窓の外を見てみたら、何と!
そこには「鶴ヶ城」がぁー!!!
鶴ヶ城、会津城、若松城。名前が三つもある城も珍しい!

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 004

朝からラッキーな気分♪
城が見れて、大興奮のまま出発!

まずは、宿から歩いて七日町通りを七日町駅に向かって、
阿弥陀寺を訪問。
ここは、新撰組三番隊長「斎藤一」が眠るお寺。
そして、戊辰戦争で亡くなった、1281名の東軍殉職者もここで眠っておられます。

途中、清水屋旅館跡も発見。
宇都宮の攻防で足に怪我をした、
新撰組副長、土方歳三が宿として泊まっていた場所、の跡地。
残念ながら、今はもう建物はありません。

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 007

そして、500円の一日乗車券を購入すると、
街の主要な観光地を周遊できる「ハイカラさん」に乗って、会津城へ!

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 029

一度の乗車だと200円。
500円払えば、好きな時に好きなように乗れる!ステキチケット!
(30分間隔で運行。)

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 031

七日町駅から、いざ城を目指す!

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 011

「来たぞ、会津~!」な、瞬間!
天気もサイコー!!!

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 018

かっちょえーーーーーー!!!!!
会津若松ジョー!!!!

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 015

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 016

城の中は、歴史資料館のようになっていて、白虎隊のこと、
それから、今話題になってる「天地人」のお勉強ができます!

上の写真2枚は、城からの景色なのだっ!
紅葉も、5分染まり、くらい?(てか、こんな言葉あんのか?)

Aizu-Wakamatsu 10.23.2009 019





まだまだ続くのだっ!

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Mika Sakai

Author:Mika Sakai
地球生まれ 地球育ち
生まれ変わっても また
地球人で生まれたいっ!

未来の子供達に
元気な地球を残してあげたい!
地味に でも必死に
自分に出来ることを続けてる
「えーごのせんせー」のブログ★

1979年6月2日 30歳
東京都渋谷区生まれ
小5から千葉育ち
現在 世田谷区在住
特技 逆さ字を書くこと

家庭教師スタイルの
マンツーマン英会話講師として
幼稚園から中学生までを
対象とした「せんせー」活動を
'05~'08まで3年間経験

成長してく生徒達を見ていたら
「自分ももっと勉強しなくては!」
と感じ 29歳で再留学決意

シドニーにて3ヶ月ホームステイ
心から「家族」と呼べる
素晴らしいファミリーとの出会い

現地の小学校で折り紙を使った
日本文化の指導も行いました

J-SHINE
(小学校英語指導者資格)
'08 11月に取得 一旦帰国

「先生、早く戻ってきて~!」
という生徒の声に負け
日本での仕事再開を決心

子供達への英語指導を通じて
地球の未来を明るく そして
希望に溢れた世界を作れたら・・・
こう願いながら 教えています

さて そんな私は・・・

三度の飯より「旅」が好き

地球のでっかさや偉大さを
肌で感じられる場所へ行き
地球人として生まれたことに
喜びを感じられたとき
人に優しくなれる気持ちを
得られるような気がします

旅を通じての沢山の出会いが
次の旅へと繋がる原動力に

国内だと 幕末史跡巡りに夢中

“坂本龍馬”に出逢ってからは
時代小説ばかり読むようになり 
日本の歴史にドブドブのめり込む

全ての幕末志士達を
ココロから尊敬しています

「この世に生を得るは
      事を為すためにあり」

この龍馬の言葉が
これからの自分が進むべき道を
明るく 力強く どこまでも
照らして出してくれる気がします

「人に歴史あり」

決して大きくなくていい
自分が生きてきた足跡を
ガシッとこの世界に残したい!!

いつも どんな時も 何に対しても
「感謝するココロ」を忘れずに

そして 海が好き
名前にも入ってる「夏」が好き
地球に生まれてよかったぁ・・・と
海にいる時 必ず感じます

また生まれ変わっても
やっぱり地球人がいいなぁ
海は 偉大です

2009年4月で 
いよいよ4年目に突入 

みなさんの力があったから
ここまで続けることが出来ました

ありがとう
本当に ありがとうございます
これからも もっともっと
みんなのハートを
高らかに鳴らし続けますよ~!

★☆メッセージはこちらまで☆★
     
beautiful06summer02
         @hotmail.com

全ての記事を表示する

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。